抜型、真空成型・圧空成形・抜き型・ブリスターパック・紙器の事は山﨑抜型にお任せ下さい。

材質・業界別抜型紙器・段ボール

ホーム>材質・業界別抜型>紙器・段ボール

紙器・ダンボール向け抜型とは

抜型の最も代表的な用途が紙器、ダンボール向けの抜型です。
1枚の紙から様々な形状の箱、パッケージを切り出します。

  • 抜型の上に

  • 紙を置き

  • プレスして

  • 折り曲げ組み立てれば
    パッケージの完成です

紙器・ダンボールを抜型で打ち抜く場合によく起こる問題点と対策法

紙器・ダンボールを抜型で打ち抜く際に問題になる点としては、以下のものがあります。それぞれ起こりうる問題に関して弊社では豊富なノウハウとアイデアで対応しています。

複雑な形状の打ち抜きの問題

抜型は刃を曲げて制作する都合で複雑な形状に対応することが難しい場合があります。こういった場合、刃を曲げて製作する抜型ではなく、抜型自体を切り出すピナクルダイをおすすめしています。

ビビリや紙粉の問題

ビビりや紙粉の原因の一つは、切れ刃とスジ刃が接近している場合に、紙がスジ刃に引っ張られる事にあります。
弊社では、NRBゴムをはじめとする資料を、その特性や機能に応じて使い分けることで、問題を解決しています。

紙の端で指を切らないための工夫

紙の端で指を切ってケガをしてしまう事、心あたりありませんか?
実はコレ、抜型で解決できる問題なんです。切断する抜型の刃の先端にご注目ください。
波状になっているのがわかると思います。目視では気づけない位、端を波状にする事で
紙端の切味を悪くさせ指のケガを防ぐ工夫でした。

エンボスシンク

エンボスシンクとは、表面に凹凸をつける加工の事です。
写真のようにパッケージに立体的な表現をする事ができます。

低コストでキレイなのはなぜか

エンボスシング(浮出し)

山﨑抜型は打抜きと同時にエンボスシング致します。
従来技術は別工程で入れるためにコストが高くつきますが、現在の同時エンボスシングはオスメス方式では無く、受け側をクッション紙や樹脂印判を使用していますが、これではシャープなエンボスシングが出来ません。
なぜオスメス方式が取られなかったのでしょうか?

それはオスメスの位置合わせが難しいからです。
面ピタ君方式でのカウンタープレートを使うことで非常に繊細なエンボスシングでも簡単に位置決めが可能で低コストです。

面ピタ君を利用したエンボスシング(浮出し)を実現!
繊細でキレイ!しかもコストダウン・時間短縮!

数ある面版のセット方法のなかで今、1番注目されているカウンタープレートJAPAN製の面ピタ君と面ピタ君プラスです。

  • メリット1
    セット時間短縮
  • メリット2
    コスト削減
  • メリット3
    満足

とメリットがたくさんあります。
弊社にて面ピタ君と面ピタ君プラスの販売もしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
面ピタ君の詳しい資料はこちらから→

紙器・ダンボール向け抜型の制作実績はこちら »

抜型の事は山﨑抜型にお気軽にお問合せください!ご相談は無料です!

tel 0256-93-4928 営業時間 8:30~17:30
(営業時間外でもお気軽にお問い合わせください!)
メールでのお問い合わせ

有限会社 山﨑抜型 〒959-0232 新潟県燕市吉田東栄町10-18アクセスマップ

このページの先頭部分まで戻ります。